事業内容

ホーム > 事業内容

事業のご紹介

1988年の設立以来、石油タンクやタンカー内貯槽の洗浄工事、配管工事などを手掛けてきた当社は2004年に当時の親会社、タイホー工業(株)のタンク事業・環境事業を引き継ぎ、大型タンクや危険物配管の洗浄事業に本格参入しました。

タイホー工業が開発したCOW工法(原油共油洗浄法)は大型原油タンクに堆積した原油スラッジを安全、短期間、廉価に排出回収する工法として今や世界標準となっています。
当社はその工法のブラシュアップに努めSKK-COWSとして標準化を果たすとともに、タンク洗浄、配管洗浄ならびに関連する事業の多角化に努めてまいりました。
そのいずれもが技術完成度だけでなくHSE(健康、安全、環境)を配慮したものとして石油産業を始め各産業界のお客様の要求に応えご満足をいただいています。

更に2010年には(株)ダイセキの子会社としてダイセキグループの一員となり、総合的な環境リサイクル事業の一翼を担う役割を果たしております。

タンク洗浄工事

大型タンクの洗浄工事において40年以上の実績を持ち、現在では各種工法、洗浄マシン、回収装置の開発も手がけ、国内および海外でも技術と体制においてトップクラスの評価を受けております。

特にCOW工法*は当社の前身のタイホー工業が初めて大型原油タンク用に開発し、日本国内の製油所や備蓄基地において標準工法として採用されています。今後も関連する洗浄工事技術の研究開発に努め、その営業分野の拡大を目指します。

  • COW装置(ユニット)
  • COW装置と付属設備の設置状況
  • COW洗浄後のタンク内部
  • タンク屋根上での仮設工事

COW(Crude Oil Washing)工法

原油共油洗浄工法と呼ばれており、大型原油タンク内に堆積している数千トンにも及ぶ原油スラッジをタンク内への危険な入槽作業なしで、少人数で安全かつ短工期で洗浄排出する技術です。

タンク内は爆発性のガスが充満しているため安全対策として窒素ガス発生装置からの窒素ガスを注入して安全環境を確保し、高圧洗浄マシンで共油(原油)によりスラッジを粉砕・溶解させます。油分を予め除去し、マシンからの原油噴射がスラッジを直撃するため溶解効率が良く気中洗浄と呼ばれています。通常、堆積スラッジの98%以上を溶解し回収する経済的工法です。

SKK-COWSの概念図

様々な原油スラッジ処理実績と積み重ねてきたノウハウ

原油スラッジは原油種や貯蔵条件などにより性状や堆積量は様々です。40年以上にわたって数えきれないほどの原油タンクのスラッジ処理・洗浄をおこなってきた当社には膨大なノウハウが蓄積されており、質量ともにあらゆる原油スラッジ処理に対応できます。

10Mの堆積高さのスラッジ排出処理も当社の応用技術の1つです。COW技術の応用により無人入槽でタンク外に排出させることができます。

SKK-COWS装置の販売とトレーニング

コンパクトに集積された運搬型SKK-COWS装置を製作し販売しています。操作方法などのトレーニングも実施しており海外のユーザーに対してもいくつかの実績があります。COW洗浄に使用する洗浄マシンはタンク洗浄マシンをご覧ください。

  • COW装置の製作
  • COW操作トレーニング風景

配管洗浄工事

ピグ洗浄

洗浄目的に適したピグ(砲弾状の口径に合わせたもの)を選定し、液体圧もしくは気体圧により配管内を移動させることにより配管内部を洗浄します。前後2個のピグの間に洗浄液をはさみ込んで洗浄を行うサンド工法もおこないます。

  • ピグ洗浄キャッチャー部
  • ピグの挿入

高圧ジェット洗浄

配管内にノズルを挿入し、ノズルから高圧噴射した水、あるいは温水により配管内の洗浄を行う工法で、多重曲管に有効です。ノズルを交換して様々な径や異なった径の洗浄も可能です。

温水循環洗浄

滞油配管内にポンプで温水を注入、循環させ、循環後の温水を仮設タンクにて回収して浮上した油分を回収する工法です。

薬注洗浄

ピグ洗浄や温水循環などにおいて、配管内の異物、汚染状況に応じて適切な薬品を選定し、洗浄効率と効果を高めます。

以上の配管洗浄工事においては業界有数の技術と実績をもっています。

  • 洗浄中
  • 洗浄後
  • 配管切断(準備作業)

廃水処理工事

洗浄工事廃水、各種プラント点検に伴う廃水、タンク水張り試験水、高窒素含有廃水、硫化水素含有廃水、その他スポット的に発生する廃水の処理を行います。
廃水発生現場にて、油水分離、酸・アルカリ廃水の中和処理、懸濁物質の分離・脱水、COD低減化処理、 窒素含有廃水の脱窒素処理、重金属成分不溶質化処理等のために最適な設備を用意して対応します。

処理システムはプリコート式ろ過装置で、油性廃水の完全処理をねらいとして開発され、活性炭吸着とろ過方式を組み合わせた高性能処理装置です。大量の廃水でも、僅かなスペースと安価なランニングコストで処理できます。

またこのシステムは、原油共油洗浄(COW工法)後の温水洗浄廃水を処理し、分析確認の上、環境基準値以下で排出できるため構内に排水処理設備を備えていない顧客対応として大変有用です。(電力会社、石油備蓄基地のタンク等で数多く実施)

  • プリコート式ろ過装置
  • 仮設排水タンク

配管工事

火カ・原子力発電、石油化学、石油備蓄、地域冷暖房プラントなどの各種プロセス配管等の計画、設計、施工、診断を行っています。その他、各種プラントの機械設備の据え付け工事、建設施工、補修工事および、配管等の一括メンテナンスも行っております。

これまで検査・診断、洗浄、補修・改造など、各工程ごとに担当企業が分散していた工事形態を自社一貫システム化し、工期の短縮、作業効率、経済性、信頼性を大幅に向上しました。
特に、配管の健康診断ともいえる検査・診断では、最新の設備と技術を誇っています。
また、補修・改造工事にも数多くの実績とノウハウを持っており、これらを一体化した総合技術で、メンテナンスのあらゆる二一ズにお応えできます。

タンク関連メンテナンス工事

各種タンクの洗浄工事(各種ブラスト洗浄、超高圧洗浄他)および解体工事、タンク一式の保安検査工事(計画、洗浄、非破壊検査、塗装、補修改造他)など、タンク開放点検に関連する全工事において、その計画から官庁申請、工事施工、報告書提出までを含めた作業を一括責任施工で提供いたします。

  • タンク洗浄後の内部検査

環境改善事業

VOC(Volatile Organic Compound)ガス回収

タンク開放時などに放出される大量の揮発性可燃性ガスを「VOC回収装置」で回収し、リサイクルする技術を開発し保有しています。
吸着層の活性炭の種類や仕様を変えることで様々な有害ガスに対応でき、毒性及び異臭等を極限まで除去して大気放出できるVOC処理装置です。

VOC処理装置

産業廃棄物の処理と運搬

各種産業廃棄物の処理と運搬についてはダイセキグループ各社と連携して取り組んでいます。

タンク洗浄マシン

長年にわたり機械メーカーと共同開発してきたCOW用タンク洗浄マシンを販売しています。タンク内のスラッジを洗浄除去する用途向けに開発してきましたが、原油タンクのみならず重油タンクなどの堆積物や汚れ除去のための洗浄マシンとして使用することができます。

  • 水を使っての噴射テスト
  • 洗浄マシン

洗浄マシン(AMWシリーズ)の特徴

  1. タンク内に入槽することなく自動運転で内部洗浄できます。
  2. 1MPaの高圧で150M3/Hrの大流量を本体ノズル(主軸回転部)と先端ノズルを回転させながら流体を噴射しルーフ内面(天井板)、側板を含む広範囲洗浄が可能です。
  3. 洗浄マシンはルーフ上のルーフサポート、ノズル及び側板のノズルから挿入し、挿入サイズは直径70㎜から150㎜まで各種サイズの洗浄機を揃えています。
  4. 本体ノズル(主軸回転部)及び先端ノズルの回転駆動は別個のエアーモーターでおこない水平360°回転、垂直135°まで自由に調節でき、タンク内の全てを自動洗浄可能です。
  5. 本体ヘッドのギアーケースを分離構造型とすると、ギアー駆動部を共用して複数のノズルに使えるため初期投資を抑えることができ経済的です。

ロータリージェットミキサー(RJM)-原油スラッジ堆積予防法-

  • タンク内設置のRJM
  • RJM

RJMは原油タンクの底部に写真のような大型の噴流ノズルで、タンク内に原油配管と接続して設置し、水平方向に大量の原油流体を噴射し全体を撹拌させることでスラッジの堆積を防止するものです。タンク内の品質が均質化するので原油タンクに限らず重油タンクなど他の品種のタンクにも応用できます。

  1. ジェット(噴流)ノズルはRJM内部の変則ギアにより360°くまなく低速回転しながらジェット噴射しスラッジを溶解・飛散させます。
  2. 噴射流体である原油は既設の原油ポンプを使用して昇圧移送します。常用連続稼働していない出荷用、移送用の大型ポンプを使用するため新たにポンプを設置する必要はありません。
  3. 駆動ポンプの容量と揚程、タンクの大きさなどからRJMノズルのサイズを決定し、中央部に1基あるいは複数基を設置する場合もあります。
  4. RJMは連続稼働の必要はなく一定期間、間欠運転で十分、機能を発揮します。(例:週1回、8時間稼働)
  5. タンク側壁に取り付けるモーター駆動によるタンクミキサーと比べ、初期投資、撹拌効果、安全面で優れています。
  6. 構造が簡単で故障の原因となりやすい摩擦、劣化部位がなく電気系統もないためメンテフリーで長期安定運転が可能です。
  7. 初期投資はRJM本体、既設原油ポンプの吐出配管から分岐しタンク内RJMまでの接続配管のみです。

機器レンタル事業

当社はタンクや配管の洗浄工事会社として半世紀以上にわたり全国各地で工事を続けてまいりました。その過程で洗浄工事に必要な資機材を数多く保有するに至り、当社の四日市機材センターに集積しています。
機材センターは三重県四日市市の北部、菰野町永井工業団地内に位置し、約2,800坪の敷地を有しています。各種の洗浄装置、機器類、工事機材を保管し、設備・機器のメンテナンスとともに全国の工事現場向けの配送を受け持つ高機能ロジスティックセンターとなっております。
資機材の一括管理による効率的な運用を図りつつ、各種の装置、機器、資材類のレンタル事業を展開しています。

四日市機材センターの全景と各種機材集積状況

当機材センターで保有しているレンタル用の機器、資材類の一覧は下表のとおりです。

レンタル機材一覧

四日市機材センターで保有するレンタル機材の一覧です。

配管・ホース

名称 型式 寸法
配管材 2B 3B 4B 6B 8B 0.3m~5.5m
配管付属材 2B 3B 4B 6B 8B 90°エルボ、45°エルボ、T管、ゲージ管
ゲートバルブ 2B 3B 4B 6B 8B  
耐油ホース各種 2B 3B 4B 6B 8B 3m、6m、20m
カナラインホース 4B 6B 5m~10m

ポンプ

名称 型式 能力(カタログ記載値)
電動ポンプ 渦巻ポンプ 180m³/h 300m³/h
電動二軸ポンプ スクリューポンプ 180m³/h 200m³/h 240m³/h
ウォシントンポンプ レシプロ 蒸気・エアー駆動 40kl/h 60kl/h
ダイヤフラムポンプ NDP-80 エアー駆動 48kl/h
ダイヤフラムポンプ NDP-50 エアー駆動 36kl/h
薬品ポンプ NDP-50相当 エアー駆動 耐薬品性あり

特殊機材

名称 型式 能力(カタログ記載値)
窒素発生装置 TNGL-500WUX 500m³/h 4台
VOC処理装置 ガス処理ユニット 250m³/h 2台
プリコート式ろ過装置 廃水処理ユニット 50m³/h 3台

その他機材

名称 型式 能力(カタログ記載値)
COW洗浄マシン 外径70Φ~150Φ エアー駆動
角槽 10m³~30m³ 着脱可能なフタや、消防認定品もあり。
防爆コンベア 200V 0.75KW 全長4m
ホッパー   H2,920×W1,470×D2,200(mm)
ローリー車   10t
ダンパー車   40m³/min(強力吸引作業車)

計測機器

名称 型式 能力(カタログ記載値)
ポータブルガス検知器 理研製 HC、O2、H2S、CO測定
水銀蒸気測定器 日本インスツルメンツ製 Hg測定
油分濃度計 堀場製作所製 溶媒抽出、非分散赤外吸収分析法
監視用ガスモニター 理研・システム機工製 HC、O2測定(一部差圧計付)

機器・資材レンタルカタログ